北海道、札幌を中心とした北海道合同法律事務所に所属する「加藤丈晴 弁護士」の、人柄や専門をご紹介致します。

加藤 丈晴  Takeharu Kato  (札幌弁護士会所属)

 労働事件(労働者側)、離婚や親子に関する事件、相続、債務整理、交通事故、
医療過誤(患者側)、行政事件、外国人・LGBTなどマイノリティーの権利に関する問題、
刑事事件、少年事件など

【経歴】
京都大学法学部卒業
最高裁判所司法研修所終了(57期)
札幌弁護士会登録(2004年)

【趣味】
海外一人旅(バックパッカー)
これまでに世界45カ国訪問しています(2015年5月現在)

【モットー】
 法律相談も事件処理も、誠実かつ丁寧な対応をこころがけています。
特に法律相談は、複雑に絡み合った人間関係やさまざまな思いを解きほぐしていくところから始まりますので、
カウンセリングの要素も大切だと思っています。ぜひご相談ください。


事務所の理念取扱分野Q&A