北海道、札幌を中心とした北海道合同法律事務所に寄せられる、「任意整理」についての質問集のご案内です。

Q1: 任意整理を弁護士に依頼する場合には、何に注意したらいいですか。


 弁護士に相談するにあたっては、
@全ての借金について正直に話すことが大切です。
 いろいろな事情から一部の借金しか話さない方がいますが、このような方は残りの借金を整理できずに、後でまた困ってしまうことになりがちです。ですから、銀行やクレジット会社、サラ金はもちろん、住宅ローンや自動車ローン、個人からの借り入れに至るまで、借金と呼べるもの全てについて正直にお話しください。

 また、相談するにあたっては、
A全ての債権者(貸主)について、契約書、領収書、振込明細、キャッシュカードなどの資料をできるだけ用意して下さい。

そして、
B全ての債権者(貸主)について、(ア)名称(イ)住所(ウ)電話番号・FAX番号(工)最初の借り入れ時期(オ)現在の借金額などを記載した一覧表を作って持参してください。
 この一覧表は、相談の際に方針を決定する上でとても役立ちます。

Q2: 任意整理の弁護士費用は、一括で準備しなければならないのですか。


 任意整理の弁護士費用は、分割払いもお受けできます。債務額に弁護士費用を合わせた額について、無理なく毎月支払っていけるように、毎月の返済金額を決めることになります。弁護士費用については、こちらをご覧下さい。

Q3: 任意整理の対象とならない債務もあるのでしょうか。


 任意整理の対象となるのは、銀行やクレジット会社、サラ金、商工ローン等からの借り入れです。住宅ローンや自動車ローンは、住宅や自動車を手放さない限りは、支払いを止めることはできませんから、任意整理の対象とはなりません。(自動車を手放して、残責務を任意整理の対象とすることは可能です)

Q4: ヤミ金から借り入れてしまいましたが、その場合も相談に乗ってもらえますか。


 出資法に違反する高金利で貸付をするいわゆる「ヤミ金」から借り入れてしまった場合、弁護士が介入すれば、早期解決につながります。 この場合にも正直にお話しください。

Q5: 一部の債権者(貸主)についてだけ、弁護士に任意整理を依頼することもできますか。


 場合によっては、一部の債権者(貸主)についてだけ、弁護士に任意整理を依頼することもできます。しかし、この場合にも、全ての債権者(貸主)を弁護士に伝えておいて下さい。
 そうすれば、弁護士は、あなたの置かれている状況を正確に判断して、適切なアドバイスをすることができます。

Q6: 任意整理する場合には、保証人に事前に連絡しておいた方がいいですか。


 借主が任意整理を始めると、保証人に対して支払い請求を開始する債権者(貸主)がいます。
 そのため、事前連絡をせずに任意整理を始めると、保証人との間でトラブルになることがあります。従って、任意整理をする前には、保証人に事前に連絡しておいた方がいいでしょう。

Q7: 弁護士に任意整理を依頼した後も、債権者(貸主)に返済を続けなくてはいけないのですか。


 弁護士に任意整理を依頼した後は、債権者(貸主)に返済する必要はありません。
 また弁護士が債権者に受任通知という書面を送って任意整理の依頼を受けたことを伝えると、債権者は、依頼者の方に直接請求をすることができなくなります。

Q8: 弁護士に任意整理を依頼した後、約束したとおりに積立金の振込みをしないとどうなりますか。


 何らかの事情で月々の積立金を振り込むことができない場合には、すぐに弁護士まで連絡をしてください。もし債権者(貸主)と和解をする前であれば、弁護士は債権者(貸主)との交渉でも、事情を踏まえた対応をすることができます。
 債権者(貸主)と和解をした後に支払いができなくなった場合、事後的に積立額を減らすことはできません。そのためにも、和解前に無理なく積立ができる額を見定めることが重要です。
 積立が難しくなった場合には、無理をせず、弁護士に事情をお話しください。

Q9: 銀行のカードローンなど金利が比較的低いものや、サラ金でも取引期間の短いものは、任意整理をしても意味がないと聞いたことがありますが、実際はどうなのでしょうか。

 任意整理は、前述のように、利息制限法を上回る金利で貸付を受けた場合に、支払い過ぎた利息を元本に組み入れる交渉をすることによって債務額を減らす手続ですから、金利が利息制限法の範囲内である場合や、これを越える場合でも取引期間が短い場合には、債務額があまり減らず、任意整理のメリットが十分にない場合もあります。
 しかし、弁護士が入って任意整理をする場合には、将来の利息は原則として付きませんし、支払期間を延長して、月々の支払額を減らすこともできます。
 よって、任意整理をして意味がないということはありません。ただ残債務額によっては、個人再生を利用した方が適している場合もあります。この点は弁護士にご相談ください。

Q10: 弁護士に任意整理を依頼したら、お金を払うどころか、逆にお金が返ってきたということを聞いたことがあります。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

 前述のように、任意整理とは、利息制限法を上回る金利で貸付を受けた場合に、支払い過ぎた利息を元本に組み入れる交渉をすることによって債務額を減らす手続ですから、取引期間が長い場合には、支払い過ぎた利息の額が元本を超える場合もありえます。この超えた部分が「過払い金」と呼ばれるものです。
 弁護士に任意整理を依頼し、この過払い金が見込める場合には、債権者(貸主)と交渉をして、過払い金を返還するように請求します。回収した過払い金は、他の債務や弁護士費用の支払いに充てることになりますが、それでも余りが出た場合には、依頼者の方にお返しします。

Q11: 弁護士に任意整理を依頼したら、今後はもう借金をできないのでしょうか。


 弁護士が前述の受任通知を債権者(貸主)に送ると、債権者(貸主)は、その会社が加盟している信用情報機関に、弁護士が介入したという情報を登録します。そうすると、それ以降はローンの審査が通らなかったり、クレジットカードが使えなくなったりします。
 この信用情報は一生残るものではありませんが、弁護士に任意整理を依頼したら、それ以降は借金をせず、いつも現金払いで生活するように心がけてください。


弁護士紹介取扱分野法律相談のご案内